「沖縄の家」が着工しました。
沖縄県内の建築費の高騰やコロナの影響などもありましたが
ようやく着工にいたりました。

21122401.jpg

沖縄の家-過去BLOG

話はかわりますが、
沖縄電力ショールーム内に、設計関係者の打ち合わせが行えるスペースがあり
色々な情報を扱っています。

21122402.jpg

弊所の本もおいてありました!
↓↓
21122403.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

木製踏み板と細い手摺子の構成を慎ましく見せる事に注力している階段です。
仕上がると見えなくなりますが、実際には準耐火構造の法制限があり、無骨になりがちな部材構成を、段板内の特注ナットや振動を考慮した構造設計のもとシンプル化に努めています。
お施主さまとも、
「あの『階段の家』とまわりから言われる家にしよう」と話しています。
近日、竣工です。


21113004.jpg
21113001.jpg
21113003.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

緊急事態宣言もあけました。
東京都外で計画している設計PJも進んでいます。
西日本エリアで設計している、多世帯住宅と平屋住宅2案件の
スタディの様子です。


↓多世帯住宅 1stプレゼン スケッチと模型
500.jpg

↓平屋住宅 屋根の形状 模型ステディ
中城の家500.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

現在工事中の「世田谷の家」の様子をお伝えいしたします。
住宅地に立地しつつ、近隣からのプライバシーに留意した屋外空間をもった中庭型の住宅です。
屋内の各部屋は中庭に向けて開いており、開放的でありながら落ち着いた生活のできる家をめざしました。
今後中庭に樹木が加わりますとより心地よい空間となります。
nakaniwa1.jpg
nakaniwamisage.jpg
kaidan.jpg
nakaniwa.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

現在進行中の住宅案件です。
階段のデザインが全体コンセプトの大きな要素という事もあり、
設計時の模型スタディから数パタン、
現場にはいってからも部材の構成や溶接による影響も鑑みながら
ディテールを確認しています。
出来上がるとこれらの工夫は見えなくりますが、それも乙なものです。

2106301-00.jpg

210630-02.jpg

210630-01.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨年は、スタッフ総出で雪国の大プロジェクトに邁進いたしましたが、
表題は南国沖縄での住宅設計プロジェクトです。

プレゼン1.jpg

プレゼン2.jpg

プレゼン3.jpg

プレゼン4.jpg

既出の2案は、
回遊性のある「住みまわる平屋」案、
もう一案は、大屋根で家全体が繋がる「一つ大屋根の下」案です。
現在は大屋根案で進んでおります。

実は、沖縄の建物は台風や白アリの影響からRC造の住宅が多い為、
木造住宅のような、勾配屋根の家というのは意外と多くありません。

本プロジェクトももRC造です。
「沖縄に美しい屋根の家を!」目指してます!

(Mata)

| コメント(0) | トラックバック(0)

浅草橋プロジェクトの進行状況です。
四階まで床型枠を支える支柱が撤去されて躯体があらわになっております。
現在最上階七階部分の躯体工事を行っております。
いよいよ建物すべての形状が建ち現れてきます。

IMG_7710a.jpg
IMG_6397a.jpg
IMG_6398a.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

3月16日アド街ック天国で放送されました日暮里の羽二重団子様の本店新築工事に
弊所が関わらせていただいております。
完成予想パースをアップさせていただきます。

羽二重団子様は今年創業200周年をお迎えになられた老舗です。
羽二重団子様の羽二重団子は泉鏡花「松の葉」、司馬遼太郎「坂の上の雲」、
田山花袋「東京近郊」、夏目漱石「吾輩は猫である」、
正岡子規「道灌山」「仰臥漫録」その他俳句5句など数々の近代文学作品の中にも
登場する多くの文人に愛されたお団子です。
また、美術に造詣の深い岡倉天心は羽二重団子を好んで召し上がっておられました。

本店の新店舗開店は5月中旬予定です。
駅前店舗と合わせ、是非お運びいただき、伝統のお味をご賞味ください。

羽二重団子パース.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

弊所がデザイン監修を担当せて頂いた、築地にある分譲集合住宅「ルフォン築地ザ・レジデンス」が竣工しました。
外観(夜景)
ルフォン築地外観(夜景).jpg
外観
ルフォン築地外観.jpg
アプローチ外観
ルフォン築地アプローチ外観.jpg
アプローチ外観(夜景)
ルフォン築地アプローチ外観(夜景).jpg
アプローチ正面(夜景)
ルフォン築地アプローチ(夜景).jpg
名称:ルフォン築地 ザ・レジデンス
所在地:東京都中央区築地6丁目11番1号
用途地域:商業地域
敷地面積:販売対象面積665.16㎡(建築確認対象面積600.16㎡、私道負担面積65.00㎡)
建築面積:429.79㎡
建築延床面積:4,635.14㎡
規模・構造:鉄筋コンクリート造 地上12階建
総戸数:66戸(事業協力者住戸12戸含む)
間取:2LDK・3LDK
工期:着工平成28年9月1日~竣工平成30年3月23日
竣工:2018年3月
売主:株式会社 サンケイビル
   フジ都市開発株式会社
デザイン監修:杉浦英一建築設計事務所
設計・監理:木内建設株式会社一級建築士東京事務所
施工:木内建設株式会社 東京支店

| コメント(0) | トラックバック(0)

太田の家が竣工に近づいております。
内装の大半は工事を終えて、リビング廻りはほぼ完成しました。
現在は外構廻りの工事を主に進めております。


リビングの内観です。リフォーム以前のリビングは天井板がありましたが、
既存母屋の広い小屋裏空間を新しいリビングと繋げることで、気積の大きな
広がりのある空間とすることを計画しました。
ロフトを設けたいというお施主様のご希望を叶えることが出来ました。
リフォーム前→後では大きく印象が変わる空間となり、リフォームの凄さ、
工務店の方々の技術力の賜物だと感じました。

リビング正面.jpg


ロフトに上がる階段はリビングからのアクセントともなるように螺旋階段
としました。螺旋階段の裏には天井付近までの大きな本棚を設置しました。
本棚の棚板と螺旋階段が干渉する部分は丸く切り抜いて頂きました。
棚板も無垢材で厚み=50とすることで仕切板間隔が広がりよりダイナミック
な本棚が実現出来ました。

内装階段.jpg


キッチンはお施主様の強いご要望からブルトハウプ社製のアイランドキッチン
としました。壁面のツールキャビネットと含めてウォールナットの仕上としました。
とても存在感のあるキッチンで、料理をするのが勿体ないくらい、物体として
とても魅力的なキッチンになったと思います。

キッチン.jpg

既存の玄関ポーチは純然たる和風の屋根が掛かっておりましたが、
改修後の印象をもう少し現代的に出来ないかと設計検討しました。
Lの字型に壁~屋根を構成し、スクエアなフレーミングとすることで、
ポーチ裏側に広がる庭の樹木を切り取るような意匠でまとめました。

ポーチ3.jpg

ポーチ2.jpg

現在進行中の外構では、奥のガレージに導く車路を施工しております。
単純な車路では楽しくないので、樹木に沿って大きくカーブするように
計画しました。敷地内に小さなレース場ができるような気になる規模です。
現状は敷地の半分まで通っておりますが、いつか敷地1周できるような
道が開通するかもしれません!

外構1.jpg

外構2.jpg

全て完成まであと一息です。

| コメント(0) | トラックバック(0)
1234567891011  

2021年12月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
↑
つぶやく