okamototaro.jpg

お盆休みの間に青山の岡本太郎記念館にいってまいりました。
太郎のアトリエ兼住まいが記念館になっております。
ちなみに建物は坂倉準三の設計です。
生命力にあふれた力強い作品にと圧倒されました。
アトリエの設えがそのままの状態で展示されており、創造、製作のエネルギーが今も漂っているようでした。
エネルギーをもらったようで、夏バテが吹っとんだ気分で館を後にしました。
皆さんもどうぞ。
上の写真は記念館にて購入した書籍についてきたポストカードです。

| コメント(0) | トラックバック(0)

現在進行中の「寄居の家」計画にて、軸組模型を製作致しました。

弊所では、計画初期段階における1/100のスタディ模型や
実施設計段階のより具体的な1/50のもの等、模型をよく作ります。
素材としては加工しやすく素材感のあるダンボール素材の他、
空間の構成や造形そのものにフォーカスするため
あえて色やテクスチャを排除し白いボード材を用います。

本計画では、当初より御施主様所蔵の木材を活かすという
コンセプトがあり、木の構造そのものが主役になるため、
木材を用いた骨組みの模型をつくることになりました


寄モ01.JPG
↑縮尺は1/30と大きく、机にのらないほどなので2ブロックに分かれる様にしました
材料は全体に檜を使用しております
↓躍動感溢れる丸太梁の架構を表現するため曲線部材は一本づつ手作りで削り出しました
寄モ02.jpg
一部、部材接合部に組手を用いました
寄モ03.jpg
相欠きにした五角形断面の部材が交差します
寄モ04.jpg
鉛筆ほどの太さの棒がしっかり噛み合いました
寄モ05.jpg
青空バックに見上げると上棟時のイメージが広がります
寄モ06.jpg
寄モ07.jpg


まもなくの着工予定、引き続き精進して参ります

bob

| コメント(0) | トラックバック(0)

kiyose cafe0.JPG
4月末にオープンしました、私たちの事務所で設計させていただいたCafeふわっとんへ行ってきました。オレンジ色の小物がポイントになった落ち着きつつも明るい店内です。一般的なランチの時間は過ぎているにも関わらず、お客さんは途切れずお越しになっていました。そこで建物の内部の様子は次回にさせていただき、今回はランチのご紹介させていただきます。
kiyose cafe1.JPG
Aランチのエビとアボカドのサンドと玉子サンドです。色鮮やかなサンドで美味しそうです。
kiyose cafe2.JPGBランチのチキンサンドと玉子サンドです。私はこちらをいただきました。チキンは食べやすくサイコロ状にされており、トマトも調度良く熟された甘いトマトでした。玉子サンドは厚い玉子にベーコン、チーズ、トマト、レタスと具沢山でボリュームがあります。どちらのセットもさらにポタージュとポテトサラダがついています。ポタージュがまた濃厚で優しいお味です。ポテトサラダもしっとりと舌触りのよいものでした。
kiyose cafe3.JPG
デザートも凝っていました。プリン、ショコラケーキ、クッキー(サツマイモとホウレン草)、どれも手作りだそうです。クッキーは卵、小麦、牛乳不使用でアレルギーのある方も安心して食べられるとのこと。サクッと軽いクッキーで教えていただくまで気づきませんでした。
今回は大机の席でゆったりさせていただきました。次回は窓辺の吹抜けのある席にお邪魔したいなあと思っています。美味しいランチをありがとうございました。

| コメント(0) | トラックバック(0)

4月になりますが川越に私たちが内装設計させていただいたカフェ「BEIGE CAFE」がオープンいたしました。
安心・安全な食材にこだわった、野菜中心のメニューを提供するカフェです。
内装はベージュ色調のグラデーションと木を基調とし、家のリビングにいるような落ち着いた空間としています。
川越にお越しの際はお茶のひと時にご利用いただければと思います。

BEIGE CAFE
cafe7.jpg
cafe6.jpg
cafe1.jpg
cafe2.jpg
cafe5.jpg
cafe3.jpg

| コメント(0) | トラックバック(0)

昨年末に竣工した浜松の家に訪問する機会があり、暮らしぶりなど色々と確認する事ができました。設計者として考えていた事、期待していた事、予期せぬ事など、様々な状況を目で見て、お話をお伺いする事は我々設計者に取って、本当の意味での勉強になります。
私としては、我々が考えていた事以上に様々な発見をしながら、住まい手自身がアレンジしながら、豊かに暮らしていただけると何よりもうれしく思います。

浜松の家では、奥様が様々な美術品を所有されていることもあり、オブジェが住宅内の至る所に飾られており、さながらプライベート美術館のようでもありました。これから徐々に植栽工事を進めながら、ゆっくりとアレンジされていくこの住宅を見守って行きたいと思います。その中の一部をご紹介致します。

玄関ポーチに置かれたプランターBOX
浜松1.jpg
玄関ホールに置かれたロートアイアン製のチェアー
浜松2.jpg
エントランスホールに置かれたぬいぐるみさん達
浜松3.jpg
階段下のニッチに置かれたロートアイアン製のオブジェ
浜松4.jpg
階段踊り場に置かれたぬいぐるみさん達2
浜松5.jpg
客用便所の窓際に置かれたオブジェ
浜松6.jpg
和室広縁の飾り棚に置かれたオブジェ
浜松7.jpg
リビングのニッチに置かれたワインボトル達
浜松8.jpg

新規に植えた小さな植栽(柿木とのこと)
浜松10.jpg


我々が目指す建築は、空間のシンプルな構成・緑と風がそよぐ外部と内部の気持ちの良い繋がり・素材の持つしっとりとした落ち着いた雰囲気・住まい手がアレンジするインテリア・様々なキーワードがありますが、それが凝縮された本「美しい住宅をつくる本」がエクスナレッジから新たにA4版で出版されておりますそちらもどうぞよろしくお願いいたします。
美住ワイドHP.jpg

(USU)

| コメント(0) | トラックバック(0)

神戸の家が竣工いたしました。
木造2階建て、中庭を囲むロの字型プランの住宅です。
シラス壁とムクのフローリング等の自然素材が美しく映える、シンプルで明るい家になりました。
泉邸1.jpg

○中庭とリビング
中庭に面して大きな吹抜けと開口を設けました。中庭に面する他3面は1層のため、大きな空が見える大変明るく開放的なリビングです。
泉邸2.jpg

○キッチン
白を基調としており、コンロ前の壁面にのみ用いたブルーのタイルがポイントになっています。
泉邸3.jpg


○浴室・脱衣室
壁面はカラーガラスタイルを使用しました。ガラスなので施工上厳しい箇所がありましたが上手く工夫していただき、ガラスタイルならではの透明感が得られました。
泉邸4.jpg

○サロン
吹抜けに面した開口によってリビングとの一体感を持ちつつ、天高を抑えた落着けるスペースになっています。直接日光は入りませんが、柔らかい光が入ります。
泉邸5.jpg

お施主様の優しい雰囲気に合う住宅を目指しましたが、今後住まわれることで更にお施主様らしい住宅になっていくことと願っております。
現場ではお施主様と笹原建設様と共に、木についてや建築に限らず創作することの楽しさなど、様々なお話ができ大変勉強になりました。ありがとうございました。
(mar)

| コメント(0) | トラックバック(0)

ふわっとん外観パース.jpg

私たちが設計させていただいたCAFE「ふわっとん」が4月23日にグランドオープンいたします。
オブジェのような器具で作られる水出しコーヒー、自然素材のスープや焼き立てパンを用いたサンドイッチ、アレルギー対応のお菓子もございます。
お天気の良い日にはデッキスペースで愛犬とともにおくつろぎいただくこともできます。
写真等も後程ブログにアップさせていただく予定でおります。
是非、お立ち寄りくださいませ。


場所 :東京都清瀬市上清戸1-15-18(新小金井街道 ダイソー清瀬店近く)
   ※駐車場5台分ご用意がございます
TEL :042-497-9482
OPEN:10:00~16:00 定休日 土日祝

| コメント(0) | トラックバック(0)

杉浦英一建築設計事務所の住宅作品を通して家のつくりかたやエッセンスを解説した本、
「美しい住宅をつくる方法」の改訂版を出版したいとの依頼をうけ加筆しました。

ワイド版という事で、写真家に撮って頂いた写真もより鮮明に、皆さまにもわかりやすく
解説するアイソメ図も加筆してよりビジュアルな表現に努めております。


美住ワイドHP.jpg

是非是非最寄の書店等にお立ち寄りの際は、お手にとってご覧になってください。
Amazon等、ネット販売でも購入できます。
Amazonサイト

又、新装版の出版にあたり多くの関係者の方々には、この場をお借りして御礼申し上げます。


(Mata)


| コメント(0) | トラックバック(0)

2013年の3月末にエクスナレッジ社より出版させて頂きました


「美しい住宅をつくる方法」がこの春、新装ワイド版となって改版されます。


日程が近づきましたら詳細をまたお伝えします。乞うご期待くださいませ!

↓ダイジェスト動画(05章~09章)

因みに(01章~04章は過去Blogにてアップしてます)
BGM付きですので、動画保存してフォトフレームとして飾る等、
「美しい住宅をつくる方法」をインテリアとしてもお楽しみ頂けたらと思います。

↓ダイジェスト動画01章~04章
01-04賞ダイジェスト.jpg


初版本の製作模様はこちら↓
本製作模様「本、だします。」

ちょうど2年前も同じく、皆と良い本を作ろうと勤しんでいた事が懐かしく思えます。


(Mata)

| コメント(0) | トラックバック(0)

progressに掲載している「鎌倉の家 2」と「秋谷の家」の模型写真を更新致しました。
下記のURLからご覧いただけます。


鎌倉の家2
秋谷の家


(noto)

| コメント(0) | トラックバック(0)
前の10件 1234567891011  

2018年9月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
↑
つぶやく